豚ラ王まぜそば レビュー やっぱりまずいからやめておけ

最近はラ王の新しいシリーズが出たらとりあえず試し食いするようにしています。

今度は”まぜそば”です。

豚ラ王は独自の路線をどんどん突き進んでいる感じがしています。

もうこの黄色と黒のシリーズは、誰に求められません。

黄色と黒といえば、私の世代では、リゲインだったのですが、今は豚ラ王なのかもしれません。

いきなり感想

わりと脂っこいものは好きな方なのですが、率直な感想は「まあまあ」。

刻み&揚げWニンニクとあとかけアブラ増し袋とボリュームのある仕掛け。

外観

黄色と黒をベースに写真が掲載されています。一瞬焼きそばっぽかったのですが、あくまでまぜそば。汁のないやつですね。

調理方法

やっぱりアブラは袋では温めてはいけないのです。あくまで半固形な感じで乗せるのがいいのでしょう。

4つの袋

左からショットガンニンニク、液体だれ、かやく、アブラ増し袋。

豚ラ王の代名詞といっても過言ではないアブラ増し袋。しつこいですが、あたためてはだめですよ。

お湯を入れました。

お湯を入れて5分、とありますが、硬めの麺が好きなので、4分30秒としています。ちなみに「オッケーグーグル」では「四分半」は通用しません。

他のブログ記事でも見かけたのですが、なんやかんやとしているうちに30秒は経つだろう、ということで、4分30秒としている人がいます。